能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



新米ランチを味わう!

古民家レストラン 典座


※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

朱塗りの御膳で頂く旬菜の数々。手づくりの優しい味がします。
〒927-1461 珠洲市三崎町伏見ワ部23
TEL 0768-88-2657
前日までにご予約下さい。
2,000円、3,000円、4,000円のコース
珠洲飯田から約10分
能登空港から約40分
金沢からなら約140分
■とっておきのランチを
「典座」のランチは予約制。
気合いを入れて数日前に予約!
そして足を伸ばし、能登半島の先端・珠洲市内を抜けて三崎地区へ。
ここまで来ると目の前に広がるのは海。
大きな大きな日本海が待っています。

「典座」は、庄屋さんだった大きな古民家を、そのまま利用したお食事どころ。
いくつもの座敷があり、お客さんの人数に応じて設えは七変化。
どの部屋からも、季節感あふれるお庭を眺めながらゆっくりとお昼ご飯を頂くことが出来ます。
■本日のランチメニュー
ご飯
 新米の岩のり&塩おにぎり
 大葉の韓国味噌焼き
 みょうがのニンニク味噌

味噌汁
 岩のり、みょうが、つみれ入り

おかず
 厚揚げのまるごと煮
 3色くずきり
 芋茎、かじめ、カボチャの煮物
 アジの塩焼き
 自家製ゴマ豆腐
 青菜のおひたし
■新米のおいしい食べ方
本日の典座のランチメニュー。
新米ご飯は、予想に反して黒いものに覆われて出てきました。
なんと、岩のりのおにぎりです!
味付けはシンプルに能登の天然塩。
とっても贅沢な味わい方。

典座で使うお米は、輪島市の山間部にある金蔵地区の農家さんから購入しているそうです。寒暖の差があり、豊富な山水があるこの金蔵のお米がとっても美味しいんだそうです。

岩のりをまとった金蔵の新米を頂きました。
一粒一粒しっかりとした食感で、存在感バッチリです。
また、能登の天然塩との相性も抜群で、お米本来の甘みを十二分に引き出していました。
■ココロ温まるおもてなし
典座のランチメニューは、一品一品におもてなしの心が感じられます。
朱塗りのふたを開けたらそこには厚揚げの煮物が丸ごと一つ、ぎゅうぎゅうと入っていました。
また、3色の見た目も美しいくず切りは、厚揚げの煮物とともに、この地域の精進料理で使われるものだとか。
大きなアジの塩焼き。お父様が海で釣ってきたそう。
親子で珠洲焼の陶芸家であり、同敷地内にある伏見窯で焼かれた器にのって出てきました。
また、岩のりをまとったおにぎりと一緒にでてきたのが、大葉の韓国味噌とみょうがのニンニク味噌。
■典座の優しい一コマ
お店を切り盛りする坂本信子さんと、珠洲焼作家のご主人坂本市郎さん。笑顔が素敵です!
お店を切り盛りする坂本信子さんと、珠洲焼作家のご主人坂本市郎さん。笑顔が素敵です!
  さりげなく使用されている陶器はもちろん伏見窯で焼かれたもの。
さりげなく使用されている陶器はもちろん伏見窯で焼かれたもの。
奥座敷にある床の間。室内の至る所に昔ながらの趣ある設えが残っています。
奥座敷にある床の間。室内の至る所に昔ながらの趣ある設えが残っています。
  お食事をする座敷から眺められるお庭の景色。季節のいい時には窓が開け放たれ、心地よい風が。
お食事をする座敷から眺められるお庭の景色。季節のいい時には窓が開け放たれ、心地よい風が。
関連するページ
のとびと 坂本信子さん
http://www.notostyle.jp/index.php?id=771&listid=27
■新米に合うおかず一品のレシピを教えて頂きました
「大葉の韓国味噌焼き」

お昼のメニューに、おにぎりに添えられて出てきた「大葉の韓国味噌焼き」
ぱりっとした食感と、ピリ辛の味噌が食欲をかき立たせてくれました。
気軽に作れる一品。
是非挑戦してみて下さい!

→レシピのページを見る
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

四季の暮らし部

広告募集