能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>


のとびと
<広告>

舟見有加さん

ギャラリー舟あそび

能登暮らしを楽しみ、出会いの場を創る
能登半島の先端・珠洲にある古民家を活かし、ギャラリーをはじめて1年。地元の人にも楽しみにしていただけるようになっています。11月から4月は充電期間だが、予約すれば見学可能。
ギャラリー舟あそび
〒927-1233 石川県珠洲市若山町出田41-2
TEL 0768-82-3960
URL http://f-asobi.com/

※記事内容は取材時のものです。掲載情報変更の場合があります。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

◆古民家ギャラリー
 取り壊されそうになっていた古い家を、使ってもらえたらという話をいただきました。不思議なのですがこの出会いを大事ににしたいという思いを消し去れずお受けしました。
 家という器の中で季節を感じられる室礼をしながら、ものを見ていただく空間がこんなに早く見つかるとは思いませんでした。
 以前は金沢でギャラリーを運営していました。この場所に来て2年、ギャラリーを始めて6年(2008年11月オープン)になります。
◆ギャラリーの仕事
  若い頃作り手になりたいと思ったことがありました。様々な素材を経験し、一つのことに絞りきれずにいました。
 そんな時傍らに始めたギャラリーのアルバイトから伝え手という仕事があることを知ります。出会えることの楽しさを自分の作り出すものからではなく感じていきました。
 ギャラリストはモノを通していろんな方と出会えることができます。そして自分の素敵だ、美しいと思えるものを自分なりの伝え方で見ていただくことを許されます。美術館的要素、サロン的要素などがやられる方の思いによって、それらの比重は変わり、文化や伝統を盛り込みながら同じ空間を変えられる楽しみがあります。
 今後は美しい自然に囲まれたこの場所でできる提案をいろんな形で試してみたいです。
◆歴史と風土
 大学は文学部美学美術史学科に在籍していました。今から思うと学生時代にもう少し勉強をしておけばよかったと反省しています。ようやく歴史の厚みと大切さを感じています。
 続いてきたもの、理にかなったものなど、日本の風土にあい残されてきたもの、そしてそういった歴史や風土を基盤として、新たに現代(いま)にあうかたちで生まれた美しいものに惹かれます。
 珠洲に来て自然に囲まれたこの風土から生まれるものの豊かさを感じます。能登半島の先端にあり、荒らされずに残っている豊かさはこの地に流れる時間もその一つです。
◆時間の流れ方が違う
  この地に流れる時間は、ゆったりとしています。そしてそこで生まれた珠洲人の時間の過し方に影響を受けています。
 時間の流れが加速している今だからこそ、美しいものを見ていただく空間は、お一人お一人の中に届くような場であって欲しいと願います。お店を開けている間は精一杯、企画や空間づくり、美しいものを提案することをしていきたいです。
 そしてお休みの間は珠洲のゆったりとした時間と自然をもっと感じながら過していけたらと思います。珠洲は、海も山も美しく食が本当に美味しいです。近くのおばあちゃんからいただくお野菜をはじめ、お魚もお肉も本当に美味しいです。食事を作るのも以前より楽しくなって、保存食なども地元の方々にお聞きしてもっと作っていきたいです。
 珠洲の人があたりまえに思っていることで、実はとてもレベルが高いことがたくさんあるように思います。
◆本当の豊かさ
 地の美味しいものを毎日食し、美しい四季の自然に囲まれ、なんて贅沢な暮らしなんだろうと思います。能登の人は本来の豊かさを知っている人が多いように思います。現に私の周りにいる能登の人は心から能登が好きな人ばかりです。
 私もこの地で暮らしながら仕事をさせていただいているので、単にものを売るだけではなくこの豊かさをプラスしていきたいと思っています。
 日々の暮らしの積み重ねがその人の人生を形成していくと思います。毎日毎食の料理、室内のお花一輪を大切にできる暮らしを提案できたらと思います。
 またあたりまえにあったこと、改めて気づくこと、新しい発見など、珠洲の人にもこういう空間を生かして楽しめることがいろいろあることを知ってほしいです。いろんな方がゆっくりと時間を過して、帰るときに言葉では表現できないこの地の豊かさも一緒に持って帰ってもらえるとうれしいです。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア 能登・中島産の殻付き牡蠣を一斗缶に入れてお届け 志賀町・籠漁の甘エビ