能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>


のとびと
<広告>

藤本伸勝さん

Land Mark Cafe シェフ

大阪人から能登人へ
大阪から移住してきて、門前の総持寺通りに平成21年9月5日オープンしたカフェレストランで調理人をしています。それまでに能登に来たのは一度だけという、思い切りの良さ。今後の活躍が楽しみです。
Land Mark Cafe
〒927-2156 石川県輪島市門前町門前1944
TEL 0768-42-0618 営業/11:00~23:00、定休日なし
11:00~14:00ランチ、14:00~16:00カフェ、16:00~23:00ディナー

※記事内容は取材時のものです。掲載情報変更の場合があります。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

◆大阪生まれの28歳
親は公務員で、料理人になりたいと思ったのは高校生の時。飲食店でバイトをしていて、「料理が作れる男はかっこいいな!」と思って料理人になりたいと考えるようになった。しかし、高校卒業後はいったんサラリーマンになり、3ヶ月後に料理の世界に入った。最初に行ったのはホテルで、鉄板焼きコーナーに配属され、数ヶ月でお客様の前で肉を焼くようになった。もちろん最初は皿洗いからスタートし、皮をむくような下働きがありました。3年ほどしてから、パン屋に移った。ホテルにいた時の先輩から誘われ、レストランも開店する計画とのことで、面白そうだったので移った。4年ほどパンを焼いていたが、レストランは開店せず、その後、パン屋に勉強にきていた調理人さんがレストランを始められたので、その手伝いに行くようになった。料理人の典型のような移動の仕方で、経験を積んできました。
◆能登は輪島に一度だけ
大阪で仕事をしていたときに、輪島の魚を使っており、今年の春、漁師さんに会いに来た。それが能登を訪れた最初でした。次に能登にやってきたのが、引っ越しのときです。門前に移り住んでみて驚いたのは人の数の少なさです。大阪と比較してはいけないのでしょうが、夕方には人通りが少なくなりますので、カルチャーショックでした。
◆1人でやってみること
 Land Mark Cafeオーナーの安原さんと知り合ったのは大阪で知人を介してでした。その後、レストランの話が持ち上がり、お世話になることにしました。何も分からないところで仕事をしてみることも面白いと思っていた。1人で料理を考え作ることにも挑戦してみたかった。今は店の2階に住み込みで生活しています。
◆能登の素材を活かしたイタリアン
魚は輪島から、野菜は地元門前の物を優先して活かしています。近所の方が「使いや!」と持ってきてくださったものも使っています。昼はランチメニューで限られた料理ですが、夜は単品でいろいろなものをお作りしています。パスタが多いですが、ピザをテイクアウトされる人も多い。冬場のメニューとして鍋料理を用意しています。トマト鍋、カレー鍋、そして漁師町の「おきすき」(魚のすき焼き)が、身体が温まっておすすめです。
◆お客様の範囲は広い
 地元門前だけでなく輪島やそのほかの町からも来ていただいています。総持寺に来られた観光客もお見えになります。団体で予約されてコース料理を食べにこられるグループもあります。年内は無休ですが、2010年からは定休日を設ける予定です。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア 能登・中島産の殻付き牡蠣を一斗缶に入れてお届け 志賀町・籠漁の甘エビ