能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

輪島やぶ本店


挽き立て、打ち立て、ゆで立ての基本を貫くそば屋。
〒928-0001 石川県輪島市河井町4部45
TEL 0768-22-2266
11:30~15:00、17:00〜20:30
火曜日
10台

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■手打ちに徹する
輪島の朝市で知られる通り一帯は、昔から「わいち」と呼ばれ、商店や飲食店が軒を連ねています。やぶ本店もその一つ。現在は4代目が暖簾を守っています。
地元輪島や福井など国産の玄そばをその日使う分だけ石臼で自家製粉。挽き立てのそば粉を木鉢でこね、延ばし、手切りし、ゆでたてを提供するのが身上。奇をてらわず手を抜かない。それがやぶ本店のそばです。
■ダシも手抜きナシ
やや細めでエッジの立ったそばは、しっかりとした歯ごたえが感じられます。
冷たいそば用のダシは、本節だけで取った贅沢なもの。雑味のない澄んだ味とたっぷりとした旨みがそばの味をいっそう強く感じさせます。
輪島の冬の名物でもある波の華を大根おろしと小エビの天ぷらでイメージした波の華そば1,000円は観光客に人気。
サバ節や本節からとったダシを注いだ温かい小盛りのかけそば、一福そば400円はおやつ感覚で食べられるボリュームです。
ちょっとリッチな食事なら、そばを海苔で巻いたそば寿しやそばとうふ、せいろそばなどそば三昧のそばづくし2,300円(2名~)を。予約なしで昼夜問わず味わえます。
■変えない勇気、守る覚悟
毎朝、そばを打つのは坂口安和さん。東京で修行した後、地元に戻って家業を継ぎました。今は4代目として手間を惜しまずお客さんに喜んでもらえる味をつくるという先代の考えを守り続けています。
目標は「常連さんを含めてこの店があり続けること」。地味なようだけれど、実は一番難しい挑戦が始まっています。

 
そばをいろいろな調理法で味わえるそばづくし。
そばをいろいろな調理法で味わえるそばづくし。
  波の華は冷たいそば。角の立った力強いそばが味わえる。
波の華は冷たいそば。角の立った力強いそばが味わえる。
  店の一角にある棚にはそばに関する本がずらり。
店の一角にある棚にはそばに関する本がずらり。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

能登の新米

広告募集