能登スタイル

パソコン版スマートフォン版


のとだより
<広告>

学生プロジェクト

能登紀行文


1.能登の「泊(Stay)」

 私たちは金沢星稜大学の大薮ゼミです。今回、ゼミ生6名は観光ルート企画を研究活動にしました。旅をする上でのキーポイントは「Stay(泊)、Pleasure(楽)、Food(食)、Knowledge(知)、Shopping(買)」であると考え、各々の頭文字をとった「SPFKS(スフィックス)」と名づけた旅行ストーリーを開発しました。写真と紹介文で、旅行の楽しさ、雰囲気をお伝えします。
 金沢星稜大学4年の船水悠佑です。
私は能登の "泊"(Stay)に着目しました。取材スポットは和倉温泉の旅館街にある「加賀屋」、そしてその温泉街の並びにある足湯の「妻恋船の湯」の2箇所です。
■能登の旅スタート!
 能登空港で撮影しましたゼミメンバーの集合写真です。能登の入口はなんと言っても能登空港。空港には、観光に関する情報が置いてあるばかりでなく、国内でも珍しく行政機関が入居しています。
 さあ、旅行のスタート地点です。
■スポットその1 「加賀屋」
●加賀屋(かがや)
 「加賀屋」は「プロが選ぶホテル・旅館100選」に30年連続日本一に輝いている老舗中の老舗。学生には縁の遠い旅館かもしれません。今回はそんなイメージを払拭する意味も兼ねて、加賀屋への直接取材を行いました。
 取材に応じてくださったのは天野 博康さん。お仕事は加賀屋のホームページの制作を担当されているそうです。なるほど、ホームページを制作する人は旅館の情報を熟知しているので、取材にはうってつけの方です。私達は七尾湾を一望できるラウンジで取材を行いました。
 
 まず、「従業員の業務内容」についてです。仲居さん達は複数の部屋のお客様について、チェックインからチェックアウトまで直接お世話をするといった感じだそうです。パートタイムではなくお客様がお帰りになるまで責任をもっておもてなしをするのが仕事。加賀屋がこだわる「もてなし」の真髄を垣間見た気がします。仕事に対する姿勢も「お客様のことを第一に考え、臨機応変に対応する」とのこと。これから社会に出る私達も多くを学びました。

 旅館内も一流エステや舞台など充実した施設や高級感漂う演出。ケバケバした高級感ではなく、ゆっくりとくつろげる空間になっています。何より空間の使い方がうまく、エレベーターのガラス越しに見える各階を表す「絵」に驚かされました。細かな点にまで気配りがされていて、思わず「凄い!」と叫んでしまうほど。これは是非見てみてほしい!
 
 次にお部屋の中も見せていただきました。窓からは広大な七尾湾を見下ろす事が出来ます。眺めていてなんとなく「ここから釣りとかできるのかな?」とつぶやくと、本当に過去にそんなお客様がいらっしゃったのだそう。1階ならともかく10階でそれをすると魚が「滝登り」ならぬビチビチと「空登り」するわけで。私達はあまりにもシュールな光景を想像して取材を忘れて思わず大爆笑してしまいました。(笑)
 加賀屋は一般の部屋で2人約9万円位かかるそうです。流石に学生の身では無理ですが、働くようになったら、父親と母親を是非連れて行ってあげたいと思いました。実際、宿泊プランの中に還暦や金婚式などを祝ってくれるサービスがあるそうです。自分が行けなくても両親を招待してあげられるので、親孝行をするのにオススメです。
 
■スポットその2 「妻恋船の湯」
●妻恋船の湯(つまこいぶねのゆ)
 さて、次に向かったのは「妻恋船の湯」という足湯です。妻恋船の湯という名前の由来は万葉の歌人である大伴家持(おおとものやかもち)が「都に残してきた妻が恋しい」と詠んでいる歌から、俳人で小説家である高浜虚子さんが~家持の妻恋舟か春の海~と句を読んだことからきているそうです。

 料金は無料。利用時間は7:00~19:00。駐車場も完備し、入口もバリアフリーになっているので、誰でも気軽に“足”を運べる場所となっています。お湯の温かさと潮風がとても気持ちよく、波打ち際にある足湯なので眺めも絶景です。個人的な意見ですが、今まで山中、草津、和倉の足湯を訪れていますが、「眺め」という点ではこの妻恋船の湯が一番です!
 
 また地元の人達の交流の場にもなっているようで、色々なお話を聞くこともできます。みなさん地元の温泉が大好きで、この足湯に浸かると元気が出ると言っていました。そんな地元の人の様子を見ていると足湯の効能もそうですが、みんなで心を裸にして楽しく話ができる、そんなことが元気の秘訣なんじゃないかと思ったりしました。最後の最後に地元の方から温泉卵を分けてもらいました!季節は冬。外は寒いけど、心は暖かくなれる能登はそんな場所だと私はそう思います!
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

能登の新米

広告募集