能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

縄文真脇温泉


縄文遺跡と日本海を一望する温泉。
〒928-0562 石川県鳳珠郡能登町字真脇19-39
TEL 0768-62-4567
13:00~21:00
大人450円
月曜日
のと里山海道穴水I.C.より車で約50分

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■縄文遺跡が中心のレジャー施設
三方を山に囲まれ、日本海を望む丘陵地に位置する真脇遺跡は、北陸最大級の縄文遺跡。縄文時代初頭から終わりまで、およそ4000年もの間、継続的に人が生活していたことが分かる貴重な遺跡で、国指定の史跡にもなっています。
真脇遺跡を中心に、出土品を展示する「真脇遺跡縄文館」や斜面を利用した広場「加夢加夢ランド」、宿泊施設「縄文真脇ポーレポーレ」など、縄文をテーマに整備したのが真脇遺跡公園。縄文真脇温泉も園内施設の一つで、特に見晴らしがよい丘の上部に建てられています。
■あすなろの湯
縄文式住居をイメージさせる建物には、2つの浴場があります。
「あすなろの湯」は男性をシンボライズした浴場で、高さ12mの吹き抜けにあすなろの木が伸びるダイナミックなつくり。洗い場やシャワースペースにもふんだんに木が使われており、超音波風呂や寝湯なども備えています。
源泉をそのまま利用した露天風呂からは、真脇遺跡や日本海が一望でき、心身ともにリラックスできます。
■いらかの湯
女性をシンボライズした「いらかの湯」は、岩肌のなめらかさと曲線を生かしたつくり。岩組みの露天風呂もあすなろの湯と同様に眺望のよさが自慢で、夜は漁火と満天の星空を眺めながら入浴できます。
少し濁った色の源泉は、塩分を含んでおり、体が芯から温まり湯冷めしにくいのが特徴。それぞれの浴場は、毎週日曜日に男女の湯として入れ替わるので、何度か通って両方の雰囲気を体感してみてください。

 
丘を利用した公園、「加夢加夢ランド」。
丘を利用した公園、「加夢加夢ランド」。
  宿泊施設「縄文真脇ポーレポーレ」と渡り廊下でつながっている。
宿泊施設「縄文真脇ポーレポーレ」と渡り廊下でつながっている。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

加能ガニお取り寄せ

広告募集