能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

能登前 幸寿し


能登半島産の魚介が種類豊富に揃う寿し処。
〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町大町チ37-4
TEL 0768-52-2114
9:00~23:00
水曜日
のと里山海道穴水I.C.より車で約5分
能登前 幸寿し http://www.kouzushi.com/

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■能登半島の旬がずらり
四季折々の能登半島の魚介がずらりと揃う寿し店。ネタケースを見れば、今、能登半島で何が水揚げされていて、何がおいしいのかが一目瞭然です。
「お客さんと会話しながら寿しを握るのが楽しいんや」という店主の橋本さんの意向で、店内には15のカウンター席のみ。
握る人と食べる人の体と心の近さも、おいしい寿しの理由です。
■能登尽くしの丼
「能登半島の魚介にこだわる」という店の心意気が詰まったメニューが丼。なかでも、コンパク丼2,000円は、その時期に地元の港で水揚げされた魚を中心に能登産のネタを約15種以上も盛り込んだ人気メニュー。もっちりとした食感でネタと相性がいい米も穴水産で、まるで能登の旬をほおばるようなメニューです。
握りならその日おすすめの地元ネタ16カンがセットになった地物にぎり3,800円を。天然ものを使う鯖押寿司1,500円や手ごろな海鮮丼1,600円などはランチにも最適です。
■名物店主をご紹介
幸寿し店主の橋本公生さんは、バイタリティあふれる人物。50歳からパソコンを始め、毎日ブログを更新。ネット販売にも精力的に取り組み、全国にご贔屓を持つまでになりました。
能登半島地震で店舗が倒壊する被害に合った時も、意気消沈する周囲を励ますためにもと、約4ヶ月後には店を再建して営業を始めました。
■魚介を使った商品を開発
今最も力を入れているのが、四季折々の魚介や山菜を使った商品開発。能登の食材のおいしさを全国に広めたいと、手間を惜しまず日々試行錯誤を続けています。イカの塩辛や一夜干しといった定番から、魚介を知り尽くした寿し屋ならではのアイディア品まで、その数は増える一方。
最近のヒット作は、能登産の牡蠣を地酒の粕に漬け込んだかきの塩辛(粕漬け)80g1,300円。海のミルクと称される牡蠣のうまみが凝縮した一品。日本酒はもちろん、ご飯にもよく合います。

 
空き時間はパソコン作業。ネットショップコンテスト2008では大賞を受賞。
空き時間はパソコン作業。ネットショップコンテスト2008では大賞を受賞。
  厳選した鯖で1本ずつ丁寧に作る好評の鯖押寿司。
厳選した鯖で1本ずつ丁寧に作る好評の鯖押寿司。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

加能ガニお取り寄せ

広告募集