能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



珠洲の先っぽの民宿暮らし

我が家の味の焼きあごだし作り

2010.6.18

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

とびうおを裁く
しいたけ小屋も毎年作る焼きあごですが、今年の第1弾はなんと大きなトビウオが少しだけ届きました。
 
例年のものと違うのは漁法が違う方から買ったからでしょうか・・・
2人で裁き火をおこし金串をさし焼き加減を見ていきます。
 
もう毎年のことなので作業の分担もなれていますが、これでは1年分にまだまだ足りません。
しっかり乾燥
この後もまた魚が入り次第作ります。
今度は小さいほうのあごにします。
 
「いそあご」と「おききあご」の違いだそうですが、味はどうなのかまだ比べていません。
焼きあがった後は中骨を取り乾燥機で温度管理しながらしっかり乾燥させ保存します。
 
そばつゆ、お吸い物、蒸しもの、雑煮のかけ汁、酢の物の隠し味などなど欠かせないものです。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

活きサザエを産地直送

広告募集