能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



八郎兵衛さんの、よもやま話


※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

 そろそろ梅雨も明けようかという今日この頃やけど、雨がよう降り続く。お天等さまが恋しい。ほうやけど、暑い日差しが続く真夏になると、雨が降らんかなあと思う。さてさて、人間なんてかってなもんや。


 ところで、わしは藁細工を作るのが楽しみやけど、女房の楽しみは菊を作ること。春に、わしが畑を耕して畝を作ると、女房は畝にマルチをかぶせ、自分で挿し芽して育てた菊苗を植えていく。何本の菊苗を植えたのかは知らんけど、すくすくと育っている。これから少しずつ花をつけ始め、あとひと月もすれば満開やろう。
   
 
 盆の墓参りには、あちこちから注文をもらう。朝の五時前から畑で菊の花を切り集めることになるんやが、腰が痛い、肩が痛いと言うとる女房が、この時期はしゃきっとして身軽に動き回るから、おかしなもんや。わしが藁細工を作る時、背中や腕が痛いのを忘れているのと同じなのかもしれん。

 人間て、自分の好きなことをしとる時が、一番幸せなひと時なんかもしれん。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

加能ガニ

志賀のころ柿

広告募集