能登スタイル

パソコン版スマートフォン版


のとだより
<広告>

まゆさんの金沢からの能登だより

2010.9


ばあちゃんち
ここにばあちゃんちがありました。父が育った家です。
 
高台にある茅葺きの古民家で、そばには滝があって、家の前には川が流れ、いつも水の流れる音が聴こえていました。今は家も滝もなくなってしまって、新しい道が通っています。
 
子供の頃は夏休みになると私一人だけ電車で先に行って、8月12日のお祭りの日に両親と弟達がやってくるのが毎年の恒例行事でした。まわりには何にもなくって、夜になるとそれはそれは静かです。寝る時目を閉じるとサーッていう水の音だけが聴こえる。その音を聴きながらいつの間にか寝てしまって、朝はサーッチャラチャラチャラって音で目が覚めるのです。
 
子供の頃はその事が特別な事ではなかったので何にも考えてなかったけど、最近よく滝や川の水が流れる音がどこからか聴こえてきてあの頃の事を思い出します。
 
らっきょの瓶に『まゆみ』って書いて用意してニコニコ笑いながら迎えてくれたばあちゃんの顔

木の間からピョコンと顔を出していたたぬき

あまーいスイカと色がバラバラ、だけどとってもおいしかったとうもろこし

ゆでるとそうめんみたくなるシャキシャキおいしいそうめんかぼちゃ

暗くて怖くて入れなかった五右衛門風呂

夏の1大イベント毎年のお楽しみのお祭りのキリコ

手を伸ばせば届きそうな満天の星空
 
今年も家族みんなで行ってきました。
昔からぜんぜん変わらない。
でもそれでいいのです。
それがいい。
 
もうばあちゃんもじいちゃんもいなくなったけど、ここは私にとって大事なふるさと。
「こんないい場所を残してくれてありがとう」って将来天国に行ったら二人に抱きついてお礼を言うつもり。
 
来年もくるよ。
ほんとにありがとう。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

活きサザエを産地直送

広告募集