能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>



おすすめスポット

交流施設 狼煙


能登半島最北端の位置にある道の駅・狼煙(のろし)。
地元珠洲の加工品や、幻の大豆と言われる大浜大豆を使った商品が充実。
〒925-0154 石川県珠洲市狼煙町テ部11番10
TEL 0768-86-2525 
FAX 0768-86-2555
Mail info@noroshi.co.jp
8:30〜17:00
年末年始
能越自動車道・能登空港I.C.より車で1時間
交流施設 狼煙 http://www.noroshi.co.jp/

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■狼煙に来たら地豆腐!
この道の駅の看板商品は、なんと言っても地元素材でできたこだわりの地豆腐
珠洲の豊かな自然の中、地元でひっそり作り継がれてきた「大浜大豆」がベースです。地元の豆栽培農家である二三味義春さんが、地元のおばあちゃん達の話を聞きながら、そして豆を収集しながら、甘みが強く大粒のものを選抜して復興させた幻の大豆というからすごい。

豆腐を固めるために調合するにがりは、400年以上の歴史を持つ珠洲伝統の製塩法・揚げ浜式製塩を作る過程でできる天然のにがりで、国の重要無形民俗文化財に指定された角花家のものです。

実は大浜大豆の豆乳と相性の合うにがりを何種類も試した結果、一番うまみを引き立てたのが珠洲のにがりだったのだそう。結果的に全て珠洲産のものが相性が良かったのですね。

地豆腐には、絹ごし豆腐、木綿豆腐、おぼろ豆腐があり、中でも人気はほろほろっと崩れる舌触りが特徴の、おぼろ豆腐。その場で買って気軽に食べられるカップ入りおぼろ豆腐(200円)も人気。揚げ浜塩を少しつけて食べると、お豆腐本来の味が際立ってとてもおいしい・・・これはハマります。

地豆腐は、能登スタイルストアにてお取り寄せもできますよ。
■珠洲ならではの商品がたくさん
店内のようす
店内のようす
地豆腐はもちろんのこと、自然が豊かな珠洲ならではの商品がところ狭しと並ぶ店内。
珠洲名産のいも菓子、塩スイーツ、きれいな海で育った海藻、風味豊かな原木しいたけ、地豆腐の原材料にもなっている大浜大豆、黒豆や、揚げ浜塩の製品といった、質が高く充実した品揃えについつい目移りしてしまいます。
地元の方手作りの梅干しなど、季節限定の商品も要チェック!

テイクアウトには、あつあつのおからドーナツ、夏はひんやり豆乳ソフトがオススメです。 
■能登の先端の絶景スポット
禄剛崎灯台
禄剛崎灯台
この道の駅のすぐ近くの急勾配の坂道を登っていくと、能登半島最北端の地、禄剛埼があります。白いレトロな灯台も見ものです。
目の前に広がる雄大な海。
晴れた日には立山連峰や佐渡島も見渡せる絶景スポット。
身も心も癒されます。
 
能登半島の最先端にも関わらず、夏場は人であふれかえります。
実はバイクのツーリングに大人気のコースなのです。
■複合的道の駅
地豆腐作り体験コーナー
地豆腐作り体験コーナー
道の駅狼煙では、手作り地豆腐作りや、石臼でのきなこ挽き体験など、昔からの地元に伝わる体験学習も行っています。
地豆腐作り体験では、気軽にお豆腐作りが体験でき、できたてのおぼろ豆腐が食べられますよ。
 
【地豆腐作り体験】
料金:一人800円(要予約)
所要時間:30分
※受付最少人数6名、最大40名
概要
能登半島最先端の地に位置し、地元の特産の甘みが強く大粒の大浜大豆と揚げ浜塩からできる天然にがりを使った地豆腐を製造販売、ほかにも地元ならではの商品を販売している道の駅。併設された体験学習教室では、地豆腐作りなどの体験ができます。近くにある禄剛崎からは日本海が一望でき、晴れた日には立山連峰や、佐渡島も見渡すことができます。
狼煙で見つけたもの
地元の方自家製の梅干し。
地元の方自家製の梅干し。
  大浜大豆のおからドーナツ。
大浜大豆のおからドーナツ。
  豆乳で作った石けんもあります。
豆乳で作った石けんもあります。
  原木しいたけ。
原木しいたけ。
関連するページ
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

夏季限定の貝詰め合わせ

広告募集