能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



楽チンレシピ

まんでとまとパスタ

野菜たっぷりのミートソースパスタ


(調理時間 がんばったら15分)

能登のイタリアンシェフ手作りの「まんでとまと」ソースを使った簡単レシピです。
野菜入りミートソースを作り、2種類の料理に使い回します。
今回はその1で、パスタを作ります。

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■材料 - [ 1人分 ]
●パスタ         100g
●野菜(茄子、玉ねぎ、ピーマンなど) 適量 
●ひき肉   適量
まんでとまと       1本 
●にんにく        1個
●チーズ         適量
           少々 
●胡椒          少々
■作り方
【1】
パスタ用のお湯を沸かす。沸騰したら塩を入れて、パスタを入れる。
※今回は中島菜パスタのフィットチーネを使用
【2】
にんにくはみじん切りにし、茄子は輪切りに、玉ねぎ、ピーマンは荒みじん切りにする。
(他のお野菜も食べやすい大きさに。茄子はあくが出るので、炒める直前に切る)
フライパンに油とにんにくを入れ、香りがたってきたら、ひき肉を炒める。ある程度火が入ったら、野菜を入れて炒める。
【3】
【2】のフライパンにトマトソース「まんでとまと」を入れて、野菜が柔らかくなるまで煮込む。味をみながら、塩、胡椒をふる。
ソースを半分~3分の2ほどを他の容器に移す。(取っておいたソースは次のレシピで使います)
フライパンに残ったソースに茹で上がったパスタを入れ、軽く混ぜ合わせる。
お皿に盛りつけ、チーズを好みで散らして、できあがり。

■一言メモ
幅広なフィットチーネは、濃厚なソースによく合います。

野菜やひき肉の量ですが、野菜からも水分が出るので、少な目だと2人分、多めだと3人分ぐらいのソースができます。

「まんでとまと」には、元々にんにくは入っていますので、好みで追加してください。
「まんでとまと」ソースがない時は、炒めたにんにく、玉ねぎ、人参などにトマト缶を入れて、代用もできます。ミートソースパスタではなくなりますが、ひき肉を入れずにベジパスタにしてもおいしいです。

■薬膳的メモ
●茄子
利尿作用があり、浮腫みを減らします。
また、身体の熱を冷ますので、冷え性の方は食べ過ぎに注意ですね。
また、沢山食べる場合は体を温める食材も一緒に摂るといいでしょう。

「秋茄子は嫁に食わすな」と言いますが、体を冷やすから婦人病になりやすいので気をつけなさい、ということですね。


●豚肉
体に潤いを与えて、のぼせやほてりを鎮めます。また、気力を増進させます。
潤いは与えますが、むくみや腫れ物を取り除く働きもあります。

暑さで「気」と「津液」(潤い)を消耗しやすい夏にはぴったりの食材です。
冷え性の方よりも、暑がりですぐ喉が渇くタイプの方に適しています。

また、肉の種類によっても、体を温めるものと、少し冷やすものがあります。
温めるものから、見てみると下記のようになります。

羊肉は体を温める作用が強いので、寒い北海道でジンギスカンが有名になったのでしょうね。
(熱性) 羊肉→鶏肉→牛肉→豚肉→馬肉 (寒性)


※薬膳でいわれている効能のうち、一部を紹介しています。
「中島菜パスタ」と「まんでとまと」ソースをお取り寄せ!
能登のめぐみのパスタセット
能登スタイルストア 能登のめぐみのパスタセット
 
今回使用したフィットチーネ、まんでとまとなど、中島菜パスタ4種類と、まんでとまと、糀のディップソース2種を合わせたギフトセットです。
手作りの貼り箱は、紅白と白一色の2種類をご用意しました。
ご自宅用にももちろんどうぞ。
能登スタイルストア 能登野菜 中島菜パスタセット
 
今回はフィットチーネを使用しました。血圧上昇抑制効果が期待できる中島菜が練り込んであり、うっすらグリーン色をしています。きしめんのような幅広のパスタです。
まんでとまと
能登スタイルストア トマトソース まんでとまと
 
能登のイタリアンシェフ手作りのトマトソース。今回は、夏野菜をたっぷり入れましたが、もともとトマト、玉ねぎ、人参、にんにくが入っているので、野菜があまり手元にない時にも使えます。
パスタの他に、ピザトーストなど色々な料理に。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

能登の新米

広告募集