能登スタイル

パソコン版スマートフォン版


のとだより
<広告>

ある日の珠洲

2016.3.20

3月のある日(移住2年目)
〈珠洲市若山地区 校庭に桜〉
〈珠洲市若山地区 校庭に桜〉

2016年3月20日(日)

【二十四節気・雑節】 春分(しゅんぶん):太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる。
※出典:国立天文台HP



AM 9:00

 今日はひさびさに ゆっくりとした起床です。
 最近、朝夕も少しずつ暖かくなってきました。
 それでも、まだファンヒーターは必要です。
 いつも通り、ファンヒーターをつけて出かける準備をはじめます。





AM10:00

 自家用車で出勤です。



AM10:20

 珠洲市産業センターに到着!
 今日は記録映像「伝えたい声・残したい思い~能登の戦争体験者~」の上映会です。
 この記録映像は、私が所属している珠洲市青年団協議会で制作したものです。
 企画立案から約1年。なんとか上映会を開催する運びとなりました。


AM10:30

 青年団のメンバーと一緒に会場の準備をします!



PM12:00

♪ターンターンタタンタンターン♪タンタタターンタタタタンターン♪

 昼食です。
 時間が無いので、今日の昼食はみんなでラーメン。
 8番らーめん 飯田店に到着。
(8番らーめん 飯田店HP:http://www.hachiban.jp/shop/ishikawa/)
 季節限定メニューの酸辣湯麺(さんらーたんめん)を注文!

写真出典「8番ラーメンHP」
写真出典「8番ラーメンHP」
 あったまるー。ふぅ。
 みんなでわいわい食べると楽しいなぁ。


PM1:00

 珠洲市産業センターに戻ってきました!
 今日は2回の上映を行います。
 まずは2時からの1回目。
 多くの方々が来て下さいました。


PM2:00

 最終的に50名を超えるお客様が集まってくださいました。
 本当にありがたい。
 1回目の上映開始!


PM4:20

 1回目の上映終了!
 帰るお客様の見送りです。

 語り手の方も何人か来てくださいました。
 帰り際の笑顔と、握手を求められて差し出された手が嬉しかったー。
 みなさん長生きしてほしい。


PM5:00

 ♪タタタ♪タタタタ♪タタタタタ~♪タータタ♪タタタタ♪タタタタタ~♪
 (夕焼け 小焼けで 日が暮れて~山のお寺の 鐘がなる~おててつないで みなかえろう~からすと いっしょに かえりましょ~)

 2回目の上映まで少し休憩。
 珠洲市産業センターから歩いて行ける「鈴々堂」さんで一休み。
 注文したのはいつもの「ホットのフルーツガーデン」。
(自家焙煎珈琲 鈴々堂HP:http://rinrindou.jimdo.com/

 その後、スタッフである青年団メンバーの夕食を買いにコンビニへ。


PM6:00

 さて、7時からの2回目に向けて受付の準備をします。


PM7:00

 10名程のお客様が集まってくれました。
 ありがとうございます。
 2回目の上映開始!


PM9:30

 2回目の上映終了!
 帰るお客様の見送りです。
 遅い時間までありがとうございましたー!

 会場の片付けをします。



PM10:15

 片付け終了!
 明日は珠洲市内の別会場での上映会があります。
 今日はもう解散。




PM10:30

 帰宅!
 寝る準備を始めます。

 こうして一日は終わっていきます。


【珠洲市青年団協議会】
全国各地で青年団活動が低迷していくなか、珠洲市には“かなり”活発に活動している青年団が残っています。
珠洲市の青年団は、地域内の若者達から「ださい」というより、どちらかというと「すごい・かっこいい」という印象を持たれているんじゃないかと思います。
「青年団」というと、ボランティアで地域のために様々な活動をしている団体で、「大変でめんどくさい・・」という印象を持つかもしれません。 でも、実際に中に入って活動してみると、「自分達がこれから先もずっと地域で楽しく生きていくための仲間づくりとして大切なものだなぁ」としみじみ思います。 お互いに助け合いながら事業を行ったり、合間にバカ話をしながら飲んだり。そのなかでつくられていく関係性は、かけがえのないものです。 きっと青年団を卒団しても生きている限りつづく関係性がつくれます。そうすると、仲の良い仲間がいるこの珠洲市が楽しくて愛着のわく場所になっていくんだろうと思います。地域のために活動した結果として自分のためになるんですよね。うむ。
珠洲市の青年団協議会では本当にたくさんの事業を行っています。そのなかのほんの一部をご紹介します!

■愛と平和に関する事業
毎年、遺族会の方々と一緒に慰霊塔参拝を行って千羽鶴を献納しています。2015年は戦後70年ということで、能登半島の戦争経験者を対象とした記録映像を制作しました。
(プロジェクト詳細:https://faavo.jp/ishikawa/project/737

■珠洲市一周青年駅伝競走大会
珠洲市は能登半島の先端に位置しています。毎年5月、珠洲市をぐるりと一周、青年達がタスキをつないで走ります。 珠洲市1周です!57.3 km。すごい企画です。珠洲市には10地区あります。各地区の青年団がチームを組んで走る、地区対抗の駅伝競走大会です。 コースの沿道には地域住民の方々が応援に出てくれて、珠洲市内全域が大盛り上がりの1日となります。この大会は2016年で第70回をむかえます。
(事業詳細:http://www.ishikawa-seinen.com/~suzu/ekiden/ekiden69.html


■がんばろう能登!!珠洲のど自慢大会
この大会は、能登半島沖地震の後に地域を元気にしようと始まったものです。珠洲市内から多くの方々が出場します。会場は満員御礼!会場に入りきれないため控室を用意しなければならない程。開演1時間前には既に長い行列ができます。この大会は2016年で第10回をむかえます。
(事業詳細:http://www.ishikawa-seinen.com/~suzu/nodojiman/nodojiman2016.html


<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア 能登・中島産の殻付き牡蠣を一斗缶に入れてお届け 志賀町・籠漁の甘エビ