能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



魅惑の銭湯探訪

恵比寿湯


能登半島の先端に、こんなに素敵な銭湯がありました。
〒927-1206 石川県珠洲市正院町正院19-45-2
14:00~20:00ごろ
大人420円
月・水・金・土曜日

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

※「恵比寿湯」さんは、2015年12月をもって、営業を終了いたしました。

今回訪れたのは、銭湯マニアの中でも有名と言う噂の、珠洲・正院にある「恵比寿湯」。
外観の雰囲気にまず圧倒されます。
こんな素敵な銭湯が、いまだに能登の地にあることを、ちょっと誇らしく思ったりもするのであります。
■能登半島の先端で
珠洲市は能登半島の先端にあります。
珠洲市外を抜け、さらに先端に向かったところに正院という場所があります。
メインストリートから一本入ったところに、趣のある木造の建物が。
一瞬、銭湯と気がつかないくらい、他の家並みと調和しているんです。

昔ながらの町の銭湯。だから駐車場もありません。
恵比寿湯から100メートルくらい行くと、そこは海。
海岸の手前に鳥居がたっていました。そして反対側を振り返ると、ずっと奥に神社があります。そう、ここは参道だったのです。
■恵比寿湯
玄関の入り口で、思わず足を止めてしまいます。
そこには、鮮やかな色合いの恵比寿さんが、大きな大きな鯛を持って微笑んでいるではありませんか。
このタイル、創業以来からあるというから驚きです。
この色の鮮やかさ、そして絵の美しさと迫力。鯛の鱗がすごくリアルです。

恵比寿湯の女将さん曰く、このタイル、能登沖地震(1993年)の時に一部が崩壊したそうですが、それでも相当いい状態で、創業当時の鮮明さを保っているように思えました。
■こんにちは
さて、いよいよ中へ!
その前に、男湯と女湯の区別がよくわからず、最初に思わず男湯を開けてしまいました。おっと、誰もいなくて良かった。
気を取り直して女湯へ。
「いらっしゃい」と迎えてくれる女将さん。
まだ開店前だったため掃除中。ロッカーや脱衣室の床などを丁寧にお掃除している女将さん。日々のお手入れが、長年使われ続けているこの銭湯を今の状態に保っているんだと感心。
そして、私の視線はあちこちへと動き、見る物見る物に感動。
■レトロ軍団
まずは、なんと言っても脱衣室の壁一面をしめる大きなロッカー!
一つ一つに大きな文字で数字が書いてあります。
ロッカーも一つ一つ女将さんが拭き掃除。
今日は何番にしようかな~。と、考えるだけでもわくわく。
でも、そこには強敵が。
脱衣室の真ん中に積み上げられたカゴ。こちらも長年の照りがいい感じに光っていました。同じく脱衣室の真ん中に大きく居座るベンチ。上にはブルーのござが敷いてあります。
その他にも、マッサージ器、換気扇、ファン、天井などなど、見所満載です。
■フライング続々
開店1時間ほど前に伺い、お話を聞きながら写真を撮っていたところ、30分ほどすると、続々と近所のおばあちゃん達がやってきました。
そして銭湯タイムスタートです。
現在では、火・木・日という三日間だけの営業のため、近所に住んでいるお年寄り達もこの日を待ち望んでいるのでしょう。

お隣の男湯から、常連のおじいちゃんの声が。
「ちょっとぬるいぞ~」と。
すると女将さんが、「ちょっと熱くしてくる待っとって」
と言っては、ボイラー室へ。
ここ、恵比寿湯は薪で湯を温めています。
いろいろやったけど、薪が一番と言う女将さん。
そのせいもあり、女将さんは番台とボイラー室をいったりきたりする必要があるんだそうです。
「今じゃ1人でやってるし、番台には座っていられないのよ」と、女将さん。
お客さんのニーズに合わせてお湯をあっためる。こちらの心もポッカポカです。
■そこはアートな空間
さて、注目の浴室。
一歩入ると、そこには二つの大きなタイルの絵が。
正面には、湖に白鳥が二羽。
そして左側には定番の富士山!
立派な松の木が湖岸にあり、そして湖にはヨットも浮かんでいます。
この富士山のシルエットの美しさに思わず見とれてしまいます。
タイルは、絵以外にも床、壁、浴槽など様々なところに使われています。
建設当時はすごくハイカラだったんだろうな。そして今でも同様にハイカラだなと思いました。
ここの銭湯、カランしかないというのもまた素敵!
自分好みの湯加減にしながら、ゆっくりと汗を流しましょう。

※「恵比寿湯」さんは、2015年12月をもって、営業を終了いたしました。
懐かしさ漂う番台
懐かしさ漂う番台
  恵比寿湯の女将さん
恵比寿湯の女将さん
  浴室の隅っこ可愛く整列
浴室の隅っこ可愛く整列
昔ながらの看板。
昔ながらの看板。
  レトロなレトロな換気扇。
レトロなレトロな換気扇。
  この木のカーブが匠の技!
この木のカーブが匠の技!
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

加能ガニ

志賀のころ柿

広告募集