能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>


のとびと
<広告>

寺岡 才治さん

寺岡 才治(てらおか さいじ)

寺岡畜産 代表

能登牛のブランド化を進める
精肉店「てらおかの肉」は、地元能登で安定した高い評価を得ている。増穂浦の海辺のレストラン「てらおか風舎」も、遠方から多くのお客が車を走らせる店。県外ではなかなか味わえない能登牛を存分に味わえる。寺岡さんは、能登牛の数の少なさを憂え、そのブランド化と育成を図っている。
てらおか風舎
〒925-0447 石川県羽咋郡志賀町富来領家町イの30(世界一長いベンチ近く)
TEL 0767-42-2941 FAX 0767-42-1225
営業時間 11:00~15:00、17:00~21:00
定休日 火曜日(祝日の場合営業)
URL http://www.notogyu.com

※記事内容は取材時のものです。掲載情報変更の場合があります。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■能登の潮風を受けて育った黒毛和種
能登牛は、能登の黒毛和牛。
「能登牛」と表示することを許されるのは、能登牛銘柄化推進協議会の証明を受けた牛のみで、まず血統が明確なことや、石川県内で6ケ月以上肥育された牛であること、格付けがA3、B3等級以上であることなどの条件を満たすものだけに限られています。
寺岡さんは、この能登牛の肥育・改良をいち早く手がけてきましたが、現状は、まだ能登全体でも数が極めて少ない牛です。
■体は小さいが、きめが細かい能登牛
能登牛は体躯は小柄ですが、その分きめが細かく、おしりの部分に至るまで全身に「さし」が入っている肉質タイプです。
銘柄牛は日本全国に230もありますが、その中でも能登牛はブランド牛としての地位を確立していると言えます。出荷頭数は月平均25頭前後と決して多くはありませんが、その分能登牛の希少価値は高い。
その中でも、寺岡畜産ではA5等級の最優良の牛を主に扱っています。メスの30ケ月以上のものが特に美味しいと言えます。
■能登牛を増やしたい
当面、牛を肥育する農家を増やし、能登牛の頭数を増やすことが最大の課題と考えています。
そのためにも、市場が能登牛を高く買い、肥育農家が共に成長していける市場環境にすることが大切です。
また、能登牛をいろいろな商品に展開することで、付加価値を高めることも促進していきたいと考えています。能登牛カレーは能登空港等でも販売していただいていますが、お客様の評価は高く、販売は確実に伸びています。
(NPO法人能登ネットワーク発行『能登人』の記事をベースに制作)
てらおか風舎の商品のお取り寄せはこちら
能登スタイルストア てらおか風舎の能登牛物語3点セット 
希少な能登牛を贅沢に使用したカレー・シチュー・ハヤシのセットです。  
能登スタイルストア・能登のあみ焼きセット
能登牛、能登豚がセットになった、贅沢な焼き肉セットです。
関連するページ
能登人と過ごす「能登時間」 http://www.groovy-net.co.jp/noto-jikan/
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

加能ガニ

志賀のころ柿

広告募集