能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



季節のジャム

黄梅ジャム

甘酸っぱい香りをそのままジャムにしました。ヨーグルトとのトッピングに。
(所要時間 60分)

初夏の果実と言ったら「梅」。
青梅の時には果実酒や梅肉エキスに。
黄色く色づき始め、果実の甘い香りがしてきたら、梅干し、そして黄梅ジャムに!

※内容、時間、料金など掲載情報は取材時のものです。
ご利用・お出かけの際は、お問い合わせ先などでご確認ください。

■材料
黄梅・・・1キロ
砂糖・・・梅の約50〜70%くらい
(お好みの甘さに仕上げて下さい)
■作り方
【1】
黄色く色づき、甘い香りのする黄梅を一晩水につけておきます。(アクぬきです)
【2】
ざるに揚げ、水を良く切ります。
竹串等を使って梅のへたを取りましょう!
【3】
大きな鍋(ホーロ製や土鍋等)に黄梅を入れ、ひたひたになるまで水を入れ、火にかけます。沸騰したら一度お湯を捨て、再度水を入れて、もう一度同様のことを繰り返します。
【4】
3回目の沸騰の後、弱火にして5分ほどコトコトと梅が柔らかくなるまで煮込みます。
【5】
梅が十分に柔らかくなったら火を止め、水を切り、冷まします。
【6】
梅がさめてきたら、一つ一つ種を取り出し、実の部分と種の部分に分けます。
【7】
次に、滑らかな仕上がりを求める人は、ここでペースト状にするために裏ごしをします。
果肉感を残したい人は、少し潰すような感じにすると良いでしょう。
【8】
【7】を鍋に入れ、砂糖の半分の量をを加え火にかけます。鍋がこげないように注意しながら、混ぜ続け、5分ほど煮ます。
灰汁が出てきたら、丁寧に取り除いて下さい。
そして、残りの砂糖を全部入れ、さらに15分ほど煮ます。
【9】
だんだんジャムらしくなってきます。
透明感が出て、とろみがついてきたら出来上がりです。
火を消して、熱いうちに瓶等の保存容器に入れましょう。
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

活きサザエを産地直送

広告募集