能登スタイル

パソコン版スマートフォン版



いろいろなイベントのお知らせ
  • 和倉温泉スイーツめぐり

    開催日:2016/4/1~2017/3/31 (七尾市)

    500円で和倉温泉街にあるいろいろなお店のスイーツを3つ選んで巡れます!アイス、プリン、ドーナツ、ケーキ、牛乳、シュークリームなど色々な種類のスイーツが勢ぞろい。各お店イチ押しのスイーツでハッピーなひとときを!

  • 輪島・千枚田あぜのきらめき

    開催日:2016/10/15〜2016/3/12 (輪島市)

    20000個の壮大なイルミネーションが白米千枚田を彩ります。

  • 穴水駅ホームであつあつの牡蠣を楽しみませんか

    開催日:2017年1月~2017月3月下旬(予定) (穴水町)

    穴水駅構内に、能登特産の牡蠣を提供する牡蠣料理店「あつあつ亭」を今年も開きます。

  • まいもんまつり“冬の陣”かきまつり

    開催日:2017/1/10~2017/3/31 (穴水町)

    かきのコース料理を協賛施設で提供します。

  • 里浜TRY博~西能登遊楽祭~

    開催日:2017/1/14~2/26 (志賀町)

    志賀町の魅力いっぱいの体験プログラムを期間限定で開催!

  • 第34回日本伝統漆芸展

    開催日:2017/1/28~2017/2/20 (輪島市)

    日本を代表する工芸として、永い歴史をもつ漆芸。日本伝統漆芸展は日本伝統工芸展の漆芸部会展として、伝統の継承とその錬磨、現代への応用を目的として開かれています。第34回となる今回は、東京・輪島・広島・高松・熊本の5会場を巡回し、受賞作7点を含む入選作品全91点を展示いたします。

  • 輪島の柚餅子と能登ワインを愉しむ会

    開催日:2017/2/1 (輪島市)

    近年、酒の肴、料理素材として注目の「丸柚餅子」を気軽に愉しみ、ゆべしと能登ワイン、地酒の話で過ごす「懐菜酒膳」会食です。

  • アマメハギ

    開催日:2017/2/3 (能登町)

    アマメとは、囲炉裏の傍で座ってばかりいるとできる座りだこのことです。天狗や猿の面をつけた一行が、「怠け者はおらんか~」と家々を回り、子どもの怠け癖を戒める奇祭です。

  • 追儺の豆まき(ついなのまめまき)

    開催日:2017/2/3 (羽咋市)

    新しい季節を迎えるに当たり、邪気をはらう鬼はらいの儀式。 護摩堂で厄除け祈願のあと、かみしも・はかま姿におかめの面をつけた福男が「福は内、鬼は外」と声をかけながら豆をまきます。

  • 寒仕込み味噌と鱈鍋談義

    開催日:2017/2/4,2/11,2/18 (羽咋市)

    明治創業の麹屋・高澤醸造で、蔵つき酵母の味噌仕込み、塩こうじ作りと鱈鍋談義。ご自分で仕込んだ味噌(味噌樽6〜7kg)や塩こうじ(2kg)はお持ち帰りいただけます。

  • 能登島ガラスコレクション展 ガラスの不思議な世界

    開催日:2017/2/4~2017/4/9 (七尾市)

  • 能登島ごっつおまつり特別イベント

    開催日:2017/2/5 (七尾市)

    とれとれの新鮮な鱈の海鮮鍋「鱈鍋」や冬の能登島の特産品の販売など開催予定

  • ゾンベラ祭

    開催日:2017/2/6 (輪島市)

    田の荒おこしから田植えまでの行事を神前で行って、豊作を祈る祭です。行事は、拝殿の中央を田地になぞらえ、氏子総代の1人が「農之次 第」という巻物を読みあげ、農耕のしぐさをしながら、「エエゾンベラエエゾンベラ」の掛け声とともに参列者の輪の中を回り、次いですげ笠をかぶった早乙女 5〜6名が出て、苗のかわりに松葉を植え、田植の模様を演じます。

  • あえのこと(田の神送り)

    開催日:2017/2/9,2/11 (珠洲市 / 輪島市 / 能登町 / 穴水町)

    春耕に先立ち、饗応して豊穣に祈願し田の神様を送り出す民俗行事。 12月5日、家に田の神様を迎え饗応して豊穣に感謝します。田の神様は家の中に入られ越冬し、2月9日に送り出されます。柳田植物公園内の合鹿庵や国重地区では、あえのこと神事の実演を一般公開しています。ユネスコ無形文化遺産に登録されています。

  • フキノト祭(お当祭)

    開催日:2017/2/9,3/3 (輪島市)

    当元が準備した11種類の神饌を供えて、神に五穀豊穫と家々の繁栄を祈り、宮司がお当(当番)を言い渡し、その夜は酒食で招待する。

  • 平家の里で「あえのこと」食談義

    開催日:2017/2/11 (輪島市)

    平家の歴史、「あえのこと」の文化に触れる。 食談義終了後、「あぜのきらめき」イルミネーション鑑賞。

  • 志賀町祭 大漁起舟祭

    開催日:2017/2/11 (志賀町)

    新鮮な海の幸がたっぷり入った大漁鍋を提供する他、加能ガニや甘エビなどの魚介類を即売します。福引大抽選会など、イベントも多数あります。

  • 總持寺と禅の里わいん物語

    開催日:2017/2/11 (輪島市)

    總持寺祖院で座禅体験後、精進料理を頂きます。お食事後にワイン工場見学。

  • 万歳楽土(マンザイロクト)

    開催日:2017/2/12,2/25 (輪島市)

    袴姿の舞人と参拝者がともに独特の節回しで「万歳楽土」と唱え、豊作を祈願します。県の無形民俗文化財に指定されている素朴な神事です。

  • なかのと市 ぜんざい振舞い

    開催日:2017/2/12 (中能登町)

    毎週日曜日に開催される朝市「なかのといち」にて、寒さの一番厳しい冬にあまくておいしいぜんざいが振る舞われます。

  • 成祝祭り

    開催日:2017/2/12 (宝達志水町)

    数え年で3つになった子供を祝い、今後の健やかな成長を願う祭りです。飢饉の時代、3歳まで子供が健康に育つことは難しかったっことから始まり、280年の歴史があります。

  • 田鶴浜左義長祭り

    開催日:2017/2/12 (七尾市)

    七尾市田鶴浜地区で行われる左義長は、2月に行われます。 以前は、旧暦の小正月(2月)に実施されていましたが、現在は、第2土曜日に開催されます。 2月に開催される理由は、古くから田鶴浜は建具の町であり、冬場に注文が少なくなるため、職人たちは長休みとなり、左義長まつりをこの時期に始めたといわれています。 そういった歴史ある田鶴浜左義長まつりは、七尾市指定無形民俗文化財に指定されています。

  • 輪島朝市感謝祭

    開催日:2017/2/12 (輪島市)

    日本でも有数の規模と歴史を誇る輪島朝市。その朝市で年に一度の感謝祭として、大鍋振舞いやイベント等が行われます。

  • もっそう飯

    開催日:2017/2/16 (輪島市)

    この伝統行事は、加賀藩の時代に厳しい年貢の取立てに苦しんだ農民が、役人の目を盗んで隠し田をつくり、年に一度、腹いっぱい白飯を食べたことに始まります。

  • 御陣乗太鼓物語

    開催日:2017/2/18 (輪島市)

    御陣乗太鼓の体験・実演、歴史に触れる。食談義終了後、「あぜのきらめき」イルミネーション鑑賞。

  • 間垣の里、大沢食談義

    開催日:2017/2/18 (輪島市)

    連続テレビ小説「まれ」の撮影地である大沢地区の住民と交流できる食談義。

  • にぎわい大市

    開催日:2017/2/18,2/19 (輪島市)

    能登の食材をふんだんに使用した能登丼や、様々な市民参加型のステージイベントを開催!また、炭火焼きコーナーでは冬の味覚を存分に味わえます。

  • 二十日題目

    開催日:2017/2/20 (羽咋市)

    古来から続くこの行事は妙法寺住職が神前に南無妙法蓮華経と題目を唱えて檀家が 団扇太鼓でお参りをする珍しい行事です。

  • 七尾湾能登かき祭

    開催日:2017/2/25〜2017/2/26 (七尾市)

    炭火焼きコーナーを設け、その場で新鮮な牡蠣を楽しめます。かきフライやかき飯、大海鮮鍋も振る舞われ、海産物や能登野菜なども販売されます。

  • 食祭「珠洲まるかじり」

    開催日:2017/2/26 (珠洲市)

    春日通りに食のテント村や郷土料理バイキングが登場し、大鍋の振舞いもあります。

募集中のワークショップ
能登スタイル企画のワークショップの募集案内です。
    現在作成中です。しばらくお待ち下さい。
イベント・ワークショップレポート
能登スタイルで行ったワークショップのレポートです。
茶摘み&手作り紅茶教室レポート

茶摘み&手作り紅茶教室のレポートです。

  燻製ワークショップレポート

能登素材を使って燻製を作りました!

  ハザ干し稲刈り体験&新米のおにぎりランチ

今回、「初めて稲刈りにチャレンジ!」とい...

<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア 志賀町・籠漁の甘エビ