能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>


のとみやげ
<広告>

学生プロジェクト

製作編1 マイバッグ作りスタート


中能登町・七尾市で取り組んでいる繊維産業グループさんが、繊維産地としてのPR活動や環境に配慮したものづくりを推進するため、繊維企業各社の提供する生地を使った「マイバッグ・コンテスト」を開催します!そこで、私たち金沢学院短期大学のみんなでこのコンテストに参加することになりました!
能登で織られた素敵な生地を使って、個性的なバッグをいっぱい作るぞーーー!!
■先生の説明も聞きつつ、どんなデザインにしようかワクワク・・・
マイバッグの制作手順や制作上の注意点を説明する先生と、それを真剣に聞き入る学生のみなさん…と思いきや、もうどんなバッグにしようかと友達同士で相談し始めたりと、なんだか楽しそう…♪
もうすでに素敵なバッグが出来そうな予感がしてきました☆
そんな学生さんを見ていると作るのは難しそうなので出来ませんが、デザインだけだったら僕達もやってみたいな~と思い、うずうずしてしまいました。(笑)
 
まずはデザイン案からです。デザイン案と言ってもちゃんと形に出来るものをデザインしなければならないし、かと言って個性的で奇抜な形にすると実用性が無くなってしまうし、でもよくある形のバッグだとせっかくデザインするのに面白くないし…(´`)」と、学生のみなさんはかなり悩んでいるようです。デザイン案がすぐ決まる人は少なく、先生に助けを求めたり、何回も書き直したりと出だしからみなさん四苦八苦しているようです。

でもやっぱりデザインを考えるのは楽しいようで、みなさん苦戦しながらも悩む顔はすごくイキイキしていました!そんなみなさんの顔を見ていると一体これからどんなバッグが出来上がるのか僕達の期待も膨らんできました!これは取材のし甲斐がある!と(^▽^)♪
 
布地も中能登からたくさんの種類が届きました。布地によって厚手のものもあれば、薄くてつるつるしたもの、柄の鮮やかなものや実はカーテンに使われる布地など質もさまざまです。こんなにたくさんの布地を無料で提供していただけるデザインコンテストは他にはありません。なんたって日本初の生地提供型コンテストなのですから!中能登さん太っ腹です!(笑)

それにこれだけの種類の布地があれば同じデザインのバッグなんて逆に作れないでしょうね~。まさしく「マイバッグ」を作るのに適した素敵な布地です。もう出来上がりが楽しみですー♪
今回はみなさんデザイン案に四苦八苦で製作には取り掛かれませんでしたが、次回にはみなさんそれぞれ個性溢れるデザイン案を完成させて、バッグ作りが本格的にスタートするはずです!次回を乞うご期待(^^)
 

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

能登の新米

広告募集