能登スタイル

パソコン版スマートフォン版

<広告>


のとびと
<広告>

のとびと(穴水町)

  • 刀禰 政信さん(穴水町)

    半島の先端の宿で料理を長年作っていたが、50歳を機に独立。新天地で新たな事業の展開を試みている。風とともに、海を見つめ、詩を作る創作人でもある。

  • 七海友也さん(穴水町)

    仲間とオリジナルの商品開発を続け、酒販店からの脱皮を試みている。すでにコンビニ兼ギフトショップになっているが、今後の展開は地域の状況を踏まえ構想している。

  • 橋本作蔵さん(穴水町)

    小学生の時の同級生に手打ちそばを教わり、サラリーマンをやめてそば屋をはじめた。昔から知り尽くした山で集めてきたきのこを盛り込んだきのこそばも人気です。

  • 浅田政義さん(穴水町)

    オーダーメードの技術を活かして作り始めた「とんびコート」が話題になり、NHKの番組での紹介がきっかけで全国から問い合せが届いている。

  • 兼田 怜奈さん(穴水町)

    穴水で生まれ育ち、中学生の頃に写真を始めました。 高校卒業後2年ほど金沢で勤めていましたが、Uターン。 お母様・正子さんが営むカフェを手伝いながら、写真を撮っています。

  • 兼田 正子(かねだ まさこ)兼田 正子さん(穴水町)

    東京で働いていた頃に能登を訪れ、湖のように静かな穴水湾に感動、穴水へ嫁ぐ。平成12年に自営牧場の牛乳を生かしたショップ、ビオ・ベルを開店。町営のまいもん体験農場にも近く、広々とした開放感の中で能登らしさを楽しめるゾーンになっている。

  • 加藤 真(かとう まこと)加藤 真さん(穴水町)

    穴水商店街で"カトウ靴店"を営む加藤真さん。物腰穏やかで、ゆっくりじっくりお話ししてくれます。でも、大好きな映画の話になると目がギラギラ。それがきっかけではじまったイベント"カフェローエル"は、今ではすっかり商店街の恒例イベントとなりました。

最初 1 2 → 最後
<広告>

PR

能登の産品を販売中!能登スタイルストア

能登の新米

広告募集